ノルバスクは高血圧に対して効き目のある薬剤です。高血圧の方は生活するうえで色々と制限がされてしまいますが、ノルバスクを服用して少しでも生活の制限を少なくし、長生きできるよう生活していきましょう。

ノルバスクと長生きする高齢者たち

顔や眼底の動脈硬化と治療におけるノルバスクの現状

生活習慣病の中でも高血圧や糖尿病は初期には自覚症状がなく、そのまま進行させてしまって他の合併症を持ってしまいやすいという特性があります。また、高血圧になると腎臓にも負担がかかることから糖尿病になってしまいやすく、糖尿病患者は腎臓の機能低下があるため、高血圧を併発しやすいという面もあり、互いに深い関り合いがあります。また、血圧が高いことも血糖値が高いことも共に動脈硬化のリスクを高めることが知られており、合併症においてもリスクを高め合ってしまうケースが多いのが事実です。顔の症状として顔面痙攣が起こることはしばしば見られるものであり、原因ははっきりしていないこともがあります。特に片側顔面痙攣の場合には動脈硬化による顔面神経の圧迫が原因であるとされており、両者を患っている人には高いリスクがあります。また、眼底検査によってわかる網膜症も高血圧と糖尿病の両方からのリスクがあります。眼底における血管の走行を見ることによる検査が眼底検査であり、これによって動脈硬化などの状況を知り、網膜症の有無を診断することができるようになっています。こういった形で合併症の面では主に動脈硬化を経て互いに深い関わりあいがあるのが高血圧と糖尿病であり、それぞれの治療を行うことが大切です。高血圧治療では降圧剤の使用が基本となります。ノルバスクはその際に用いられる降圧剤の一つであり、糖尿病患者に対しても長い使用の歴史があります。ノルバスクを処方することも多いものの、最近ではノルバスクよりもより糖尿病患者に適しているとされる医薬品も登場してきています。そういった医薬品の使用も同時に検討されていくのが医療現場での現状です。