ノルバスクは高血圧に対して効き目のある薬剤です。高血圧の方は生活するうえで色々と制限がされてしまいますが、ノルバスクを服用して少しでも生活の制限を少なくし、長生きできるよう生活していきましょう。

ノルバスクと長生きする高齢者たち

和食とピザの高血圧と神経障害患者のノルバスク治療

日本における食習慣は高血圧のリスクを高めてしまってきた可能性があるということが知られるようになりました。現実問題として日本においては成人の4割程度が高血圧になってしまっていると考えられており、その原因となってきた習慣が日本にはあるとされています。その一つが食習慣であり、刺身や寿司、うどんやそば、漬物といった塩分を大量に摂取してしまいやすい食文化があることが高血圧をもたらしてきてしまったと考えられるようになってきています。それに加えてピザのような欧米の食文化が導入されたことが高血圧だけでなく生活習慣病全般のリスクを高めています。ピザは塩分も脂肪分も多く、ピザを毎日食べるような生活をすることで肥満のリスクも高まるからです。こういった疾患を患うと糖尿病なども合併することが多く、高血圧であるという自覚がなかった人が神経障害を感じて医療機関を受診し、高血圧と糖尿病を合併していたというケースもしばしばあります。神経障害は糖尿病における自覚症状として典型的なものであり、生活習慣病の中では自覚を伴うものとして数少ないものとなっています。神経障害以外にも網膜症や腎障害を伴うことがあるのが糖尿病であり、ハイリスクな疾患として理解することが大切です。高血圧治療に広く用いられるノルバスクは糖尿病患者にも使用可能です。糖尿病と高血圧を合併する人は多いことから、ノルバスクを使用してきた経験も多くの医療機関では豊富であり、積極的にノルバスクを使用するケースも多くなっています。しかし、より糖尿病患者に対して有効性があるとされる医薬品も開発されてきたことから、その使用が推奨される傾向もあるのが現状となっています。