ノルバスクは高血圧に対して効き目のある薬剤です。高血圧の方は生活するうえで色々と制限がされてしまいますが、ノルバスクを服用して少しでも生活の制限を少なくし、長生きできるよう生活していきましょう。

ノルバスクと長生きする高齢者たち

ノルバスクの服用めまいは危険のサイン

高血圧症とは収縮期血圧、拡張期血圧がそれぞれ140mmHg以上、90mmHg以上となって状態をいいます。高血圧症は様々な要因から発症しますが、特に生活習慣から発症する高血圧症が広く問題となっています。近年食生活の欧米化が進むにつれて、カロリー過剰摂取などの問題が浮上し、糖尿病、高コレステロール血症などの患者が増加し、これに伴い動脈硬化が進行し、高血圧症となってしまうことが多いのです。
このようなことから高血圧症治療では運動療法や食事療法といった生活習慣の改善が重要となります。しかし、運動療法、食事療法より重要視されるのは薬物療法です。薬物療法は血圧を素早く目標値に下げることができるため、高血圧症によって引き起こされる、脳血管疾患、心疾患、腎不全などをより確実に防ぐことができるのです。
高血圧症治療薬には様々な種類のものが存在しますが、最も多く使用されているのがカルシウム拮抗薬です。このカルシウム拮抗薬の代表格がノルバスクです。ノルバスクは比較的副作用も起こりにくく、降圧作用が強いため、高血圧症の治療薬としては理想的ですが、時にノルバスクの服用でめまいを起こす方がいらっしゃいます。このめまいは危険のサインかもしれません。ノルバスクは血管を拡張させる薬です。これがもし効果が出すぎると逆に低血圧となってしまうことがあります。低血圧の代表的症状としてめまいがあるのです。もしこのめまいが起こっている状態で運転や危険な作業を行うとその人の命にも関わる重大な事故につながる可能性があります。ですからめまいの症状を感じた場合はそれを危険のサインとして受け止め、医師に相談し、適切な用量調節を行ってもらうようにしましょう。