ノルバスクは高血圧に対して効き目のある薬剤です。高血圧の方は生活するうえで色々と制限がされてしまいますが、ノルバスクを服用して少しでも生活の制限を少なくし、長生きできるよう生活していきましょう。

ノルバスクと長生きする高齢者たち

ノルバスクのジェネリックとは

ノルバスクはカルシウム拮抗薬として古くから用いられてきている高血圧治療薬であり、狭心症の治療にも用いられる有用性の高い医薬品です。使用経験が多いことから第一選択薬として使用する医療機関も多くなっており、その使用量は世界的に見ても莫大な量となっています。高血圧治療においては血圧を目標領域に安定させるということが重要になるため、ノルバスクが処方された場合には毎日飲み続けることが必要になります。根本治療が達成されるまでは飲み続けることになるため、その使用量も必然的に多くなることから、製造販売を行う企業としては大きな増収につながっています。その結果としてジェネリック医薬品が多く登場しているという状況があります。ジェネリック医薬品は先発品であるノルバスクと同じ成分であるアムロジピンを含むものの、安価に販売されていることから患者にとって魅力的な選択肢であり、その使用も少しずつ広まってきています。しかし、その成分が同じであることは事実であるものの、製剤の行われ方や添加物の成分に違いがあることから、その効き方に違いが生じてきてしまうことは稀ではありません。ノルバスクは適度な持続性を示すように製剤が行われて一日に一回程度の投与で良いように厳密にコントロールされています。その使用経験がその厳密さを担保していますが、ジェネリック医薬品の場合にはそういった使用経験がないというリスクを抱えることとになることは否めません。そのため、医療機関側としてはジェネリック医薬品への切り替えをあまり推奨したくないというのが事実であり、それによって血圧のコントロールに失敗してしまうよりは先発品であるノルバスクを使用したいと考えることが多くなっています。